一人暮らしにおすすめウォーターサーバー3選!必要性とコスパ解説

ウォーターサーバーについて調べている方の中には「一人暮らしだけどウォーターサーバーの導入を迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを厳選紹介。一人暮らしのウォーターサーバーの必要性やコスパなど、気になる疑問を詳しく解説しています。

一人暮らしにウォーターサーバーは高いor安い?コスパを解説

まずは、ウォーターサーバーの料金を紹介します。月額費用相場やコスパについて気になっている方は、ぜひ確認してみてください。

一人暮らしのウォーターサーバー月額費用相場

一人暮らしでかかるウォーターサーバーの費用は、1ヵ月あたり約3,000〜4,000円程度です。ウォーターサーバーで発生する費用の内訳は以下の通りです。

一人暮らしのウォーターサーバーでかかる費用の内訳
費用内訳 料金相場
水代 2,500〜3,600円(24ℓ)
電気代 300〜800円程度
配送料 無料〜1,000円程度
サーバー代 無料〜1,000円程度
メンテナンス料 無料〜2,000円程度

ウォーターサーバーの料金を大きく左右するのが、注文する水の分量です。12ℓあたり1,250円の水を1ヵ月に24ℓ注文すれば、2,500円の費用がかかります。

1ヵ月に必要な水の分量から、どのくらい費用がかかるのか計算することが大切です。また、多くのウォーターサーバーは毎月の注文ノルマが決まっています。

注文ノルマとは…

水を定期購入しなければならい契約のことです。1ヵ月の「注文回数」と「最低注文数(水の分量)」が決まっています。

12ℓあたり1,250円の水でも、毎月24ℓの注文ノルマがあれば、1ヵ月最低2,500円が水代としてかかります。ただし、注文ノルマがないメーカーもあるので、契約条件を確認しておきましょう。

そのほか、ウォーターサーバーの維持には「電気代」「サーバー代」「配送料」「メンテナンス料」がかかります。メーカーによって料金は異なります。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入する場合は、各料金の合計を計算。1ヵ月あたりのランニングコストを把握しておくことが重要です。

水1ℓあたりの料金

ウォーターサーバーの水1ℓあたりの料金は100〜150円程度です。安い市販のペットボトル水(1ℓあたり50〜65円程度)と比較して、2〜3倍の料金設定となっています。

水の代金だけを考えた場合、市販のペットボトル水の方がコスパは優れています。ただし、ウォーターサーバーのメリットは、高い利便性です。

ウォーターサーバーのメリット

  • すぐに冷たい水が飲める
  • いつでも熱湯が出る
  • 水を買いに行く手間が省ける
  • ゴミの処理が楽
  • 災害時に「備蓄水」として使える

料金以外の部分で魅力を感じられるかどうかが、ウォーターサーバーを導入するひとつの基準となります。

一人暮らしにウォーターサーバーは必要か?いらない人の特徴

そもそも、一人暮らしにウォーターサーバーは必要か悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そこで、ウォーターサーバーがいらない人の特徴を紹介します。

ウォーターサーバーの設置を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

水・電気代を節約したい方

水・電気代を節約したい方は、市販の水や水道水の方が安くすみます。ウォーターサーバーの水代は1ℓあたり100〜150円程度です。

一方、安い市販の水は1ℓあたり50〜65円程度。水道水は0.2円程度しか料金がかかりません。ウォーターサーバーと比較して、水代を節約できます。

また、ウォーターサーバーは電気を消費します。1ヵ月あたりの電気代は300〜800円程度です。電気代を節約している方は、ぜひチェックしておきたいポイントです。

常温の水でも気にならない方

普段から常温の水を飲んでいる方も、ウォーターサーバーのメリットを感じづらいでしょう。ウォーターサーバーの特徴は、冷たい水がスグ飲めることです。

ウォーターサーバーを設置していれば、美味しい水が気軽に飲めます。いつでも好きな時に、冷えた水が出ることは最大のメリットと言っても過言ではありません。

常温の水が好みの方や水道水でも気にならない方は、一度本当に導入すべきか検討するのがおすすめです。

サーバーを設置するスペースがない方

ウォーターサーバーを設置するには、ある程度のスペースが必要です。一般的な床置きタイプサーバーの場合、100〜130cm程度の高さがあります。

一人暮らししている方の中には、コンパクトな部屋に住まれている方も多いでしょう。部屋の面積によっては、ウォーターサーバーが空間を圧迫してしまうケースがあります。

一人暮らしでもウォーターサーバーがおすすすめな人

次に、一人暮らしでもウォーターサーバーがおすすめな人の特徴を解説しています。条件に当てはまっているチェックしてみてください。

買い物やゴミ出しの手間を減らしたい方

ウォーターサーバーを契約すると、業者が水を自宅まで届けてくれます。これまでスーパーで水を購入していた方は、自分で購入する手間が省けます。時間と労力を削減したい方に最適です。

また、ウォーターサーバーはゴミ出しの手間もかかりません。1ヵ月24ℓの水を飲む場合、2ℓペットボトル12本分のゴミが発生します。

しかし、ウォーターサーバーはボトル1本12ℓが一般的。月に2回のゴミ出しですみます。ペットボトルが部屋にたまらず、スッキリすることもメリットです。

家にいることが多い方

家にいることが多い方にも、ウォーターサーバーはおすすめです。家にいる時間が長いほど、自然と自宅で飲む水の量は増えます。

ウォーターサーバーがあれば、いつでも自分が飲みたい温度の水がスグ飲めます。お湯を沸かす手間も省けるため、生活の質は大きく向上するでしょう。

美味しい水を家で気軽に飲みたい方

ウォーターサーバーの特徴のひとつは、美味しい水を気軽に飲めることです。ウォーターサーバーの水は「天然水」または「RO水」です。

天然水は、地下水を原水とするのこと。RO水は不純物を特殊なフィルターでろ過しています。ウォーターサーバー各社は水の質に拘っています。

好きな時に上質な冷水が飲めるだけでも、十分ウォーターサーバーを導入する理由になり得ます。

一人暮らし必見!ウォーターサーバー選び3つのポイント

一人暮らしのウォーターサーバー選びはでは、重要なポイントが3つあります。大切なポイントを押さえるだけで、失敗を事前に防げます。選び方が分からない方は、ぜひ活用してみてください。

水の交換方法

一人暮らしにウォーターサーバーを導入するなら、水の交換方法を確認しましょう。ウォーターサーバーのボトル交換方法には、「下置きタイプ」「上置きタイプ」があります。

水の交換方法
交換場所 特徴
下置きタイプ 本体下部にあるトレイを引き出して、水を交換できる
上置きタイプ 本体上部に水が入ったボトルを挿入する

ウォーターサーバーのボトルは1本あたり12ℓが基本です。12kgある水の交換は、それなりの重労働。ご年配の方や女性ひとりで持ち上げるのは、難しいケースもあります。

本体上部にボトルを挿入する「上置きタイプ」の場合、水の交換にかかる負担は大きくなります。

体力や筋力に自信がない方におすすめなのは「下置きタイプ」です。下置きタイプなら、本体下部のトレイ方簡単に水を交換可能。負担を軽減できます。

ノルマの有無

一人暮らしの方は、注文ノルマの有無を確認しましょう。メーカーによっては、毎月購入しなければならない水の量が決まっています。

注文ノルマが消費する水の分量と合致しない場合、飲みきれない水が自宅に溜まってしまいます。一人暮らしの方が1ヵ月に消費する水の目安は18〜24ℓ程度です。

ノルマを事前に確認するのはもちろん、注文ノルマがないウォーターサーバーを選ぶのもおすすめ。注文ノルマがなければ、自分のペースで必要な分量の水を届けてもらえます。

1ヵ月に消費できる水の量は限られています。節約の観点からも、注文ノルマは必ず確認しましょう。

置き場所

一人暮らしの方の中には「ウォーターサーバーを設置したいけど、置き場所を迷っている」という方も多いでしょう。ウォーターサーバーの設置には、それなりのスペースが必要です。

床置き型ウォーターサーバーのサイズは「高さ100〜150cm:幅24.5〜40cm:奥30〜35cm」程度です。自宅に迎え入れるには、置き場所の確保は欠かせません。

省スペースでの設置を検討している方は、卓上型がおすすめです。卓上型は高さが床置き方の3分の1程度。テーブルやカウンターの上に気軽に設置できます。

もちろんスペースに余裕があるなら床置き型のウォーターサーバーでもOKです。住んでいる部屋の間取りから、最適なタイプを考えてみてください。

一人暮らしにおすすめ!ウォーターサーバー3選

フレシャス(dewo mini)

おすすめポイント
省スペースに設置できるコンパクト設計
軽量パック(4.7L)で水の交換が楽チン
寝室にも置ける静音設計
水の種類 設置タイプ ボトル 月額費用※1
天然水 卓上 使い捨て 3,700円
配送料/レンタル料※2 水500mlあたり※3 初期費用 解約金
無料/550円 98円 無料 16,500円(1年未満)
9,900円(2年未満)

※1  1箱(4.7L×4パック)頼んだ場合の料金です
※2  前月3箱以上の利用でサーバーレンタル料無料
※3  フレシャス公式情報を参照

フレシャス「dewo mini」は、業界最小の小型卓上ウォーターサーバーです。高さは従来モデルの3分の1程度。小さいから、一人暮らしでも設置場所に困りません。

静音設計が施されていることも特筆すべきポイントです。一般的なウォーターサーバーにありがちな稼働音が最小限に抑えられます。1Rや1Kの寝室でもバッチリです。

水交換は4.7Lのパック式なので、女性や力の弱い方でも安心です。カラーはメタリックブラック・スカイグレー・カッパーブラウン、3色を展開。インテリアとしても使える、おしゃれなデザインが高い人気を後押ししています。

シンプルウォーター

おすすめポイント
注文ノルマなし
エコパック式で簡単に水を交換できる
解約料金なし
水の種類 設置タイプ ボトル 月額費用※1
天然水 卓上 使い捨て 2,250円
配送料/レンタル料※2 水500mlあたり※3 初期費用 解約金
0〜1,500円/無料 62.5円 13,800円 無料

※1 エコパック1箱(6L×3パック)の場合
※2 関東0円・北海道400円・東北100円・中国200円・四国300円・九州400円・沖縄1500円。
※3 シンプルウォーター公式ページを参照

シンプルウォーター は、リーズナブルな価格で天然水が味わえます。初回のみウォーターサーバー購入費として、13,800円が発生しますが、以降レンタル代は無料。月額2,250円〜の水代だけしかかかりません。

シンプルウォーターのメリットは、注文ノルマがないことです。一人暮らしでも無理なく自分のペースで続けられます。解約金も発生しないため安心です。

さらに、ボトルは6.2Lエコバック式です。重たい水を持ち上げる必要がなく、女性の方でも簡単に交換できます。シンプルウォーターは関東圏の方なら送料無料。よりお得に利用できます。

ワンウェイウォーター(smart)

おすすめポイント
スリムでコンパクトなボディ
初期費用・配送料・サーバー代0円
足元で水を交換できる「下置き」タイプ
水の種類 設置タイプ ボトル 月額費用※1
RO水 床置 使い捨て 4,125円
配送料/レンタル料 水500mlあたり※2 初期費用 解約金
無料 52円 無料 5,500円(1年以内)

※1 プラスプレミアム選択・1セット20日間隔で契約した場合
※2 ワンウェイウォーター公式HP情報を参照

ワンウェイウォーターは、コストパフォーマンスに定評があるウォーターサーバーです。月々のウォーターサーバー代は一切不要。月々かかるのは水の料金だけです初期費用・配送費も全て0円で利用できます。

サイズは高さ110cm・横幅30cmです。スリムでコンパクトなボディのため、一人暮らしのちょっとしたスペースにも設置できます。

さらに、ワンウェイウォーターは下置きタイプ。足元でらくらくボトル交換できます。一人暮らしの女性にもおすすめです。

まとめ

ここまで、一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを紹介してきました。一人暮らしでウォーターサーバーを導入する際は「水の交換方法」「ノルマの有無」「サーバーの設置場所」3つを確認しましょう。

とくに「家にいることが長い方」「買い物やゴミ出しの手間を減らしたい方」「美味しい水を気軽に飲みたい方」に、ウォーターサーバーはピッタリです。

ぜひこの記事の内容を参考に、ウォーターサーバーの導入を検討してみてください。

関連

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事