中京地区に住む人たちにとっては馴染み深いであろうUCSカード。

実際にどれぐらいメリットがあるのか、ポイントをうまく貯める方法やmajicaとの関係について疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、UCSカードの特典やポイント、審査やmajicaとの連携について紹介していきます。

UCSカードの概要

ucsカード

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.5%~1.0% 18歳以上で安定した収入があること

UCSカードとは

年会費0円で持て、アピタ・ピアゴや宇佐美ガソリンスタンドでの料金が割引されるクレカです。

申し込みのハードルもそれほど高くなく、学生や主婦(夫)からも多く使用されています

UCSカードは、VISA・Master・JCBの3ブランドを選択できます。いずれのブランドも加盟店が多いため、世界中で使えるクレカです。

日々の支払いはクレカに集約したいという人にも便利です。年会費が0円のため、元を取る必要もなく使えば使うほどメリットを享受できるクレカです。

アピタ・ピアゴでよく買い物をする人にとっては持っておいて損はないですね。

UCSカードの4つの特典

ucsカード

UCSカードにはどのような特典が付帯しているのでしょうか。ここでは、UCSカードに付帯している代表的な特典について紹介していきます。

1つめ アピタ・ピアゴで5%割引(特定日)

ucsカード

アピタ・ピアゴで特定日に商品が5%割引になります。

  • アピタ: 毎月9がつく日に衣料品・日用品・食料品が5%割引になります。
  • ピアゴ: 毎週金曜日に5%割引になります。

一回3,000円のお買い物を月に2回したとすると、1年間で1,800円節約できます。一回5,000円なら、1年間で3,000円です。

注意!
  • アピタ・ピアゴそれぞれで割引される日が違うので注意しましょう。
  • 一部対象外の商品があります。
  • 定休日は割引日の対象外です。

他にも、誕生月の好きな1日を5%OFFデーにできたりもします。

2つめ 宇佐美ガソリンスタンドでの割引

ucsカード

宇佐美ガソリンスタンドでUCSカードを使用すると、1リットルにつき2円割引されます。

さらに、タイヤ・オイル・バッテリーなどの車関連商品がいつでも5%OFFになります(燃料油は除く)。

車のメンテナンス費が節約できるのは嬉しいですね。

注意!

宇佐美ガソリンスタンドは直営店と代理店がありますが、本特典が適用されるのは直営店のみです。

3つめ 旅行料金の割引

ucsカード

シティツアーズ経由で旅行を予約すると、ポイントの倍率アップ、または旅行料金が2~8%割引されます。割引は同伴者も対象です。

年会費1,100円(税込)でUCS旅とくプラスに加入すると、家族全員に旅行保険が適用されるとともに、海外旅行に参加するたびに1,000円分のギフトカードが付与されます

4つめ ショッピング保険

ucsカード

UCSカードで買った品物の盗難や破損による被害を、購入から90日以内の間補償してもらえます。金額は、1品1事故5,000円~100万円です。保険を使いたいときは、購入時のレシートを用意してフリーダイヤルに連絡してください。

注意!

一部事故、商品には補償の対象とならないものがあります。

補償の対象外の事故、商品は下記の通りです。

補償の対象にならない事故 補償の対象にならない商品
置き忘れや紛失 動物、植物
外観を損なっているだけで機能面は問題がない場合 5,000円未満の商品
商品の欠陥や消耗 自動車や自転車およびこれらの付属品

紹介したもの以外にも色々な特典があるのでチェックしてみてください。

UCSカードのポイントの貯め方、使い道

ucsカード

UCSカードを使うと「Uポイント」を貯められ、貯めたポイントは商品券などと換えられます。ここでは、Uポイントの貯め方と使い道について紹介します。ポイントを貯める方法は実にさまざまですので、色々試してみることをおすすめします。

食料品や日用品の買い物で貯める

UCSカードは、200円につき1ポイント貯められます。つまり還元率は0.5%です。

しかし、アピタ・ピアゴではUポイントが2倍もらえる日や一部商品を買うと追加ポイントがもらえるなどのキャンペーンを実施していることがあるので、それらをうまく使えば還元率を1%にすることも可能です。

5%OFFデーとあわせて使うと二重にメリットを享受できますね。

加盟ショップ利用で貯める

Uポイントの加盟ショップで利用すると還元率UPだけでなく、特別価格などのサービスを受けられるケースがあります。

下記に加盟ショップを一部紹介します。

加盟ショップ 優待内容
AOKI 特別割引
カラオケ館 特別価格
鴨川シーワールド 特別価格
アトムグループ 毎週日曜日UCSカード払いでポイント2倍
H.I.S 対象パックツアーを予約で旅行料金最大3%OFF
グルメ・レジャー・カーライフなど幅広いジャンルの加盟ショップがあります。
加盟ショップの優待は季節によって異なるため、定期的にチェックすることをおすすめします。

ロイヤルメンバーズに昇格する

ucsカード

ロイヤルメンバーズに昇格すると、Uポイントが通常より20%多く獲得できるようになります

1年間で5,000ポイント以上貯めれば、誰でも自動的に翌年度からロイヤルメンバーズになれます(majica donpen cardは対象外)。つまり、獲得ポイントアップなどの特典を考慮しない場合、年間100万円の利用が必要ということです。

ロイヤルメンバーズに昇格すれば、例えば一年間毎月150,000円利用した場合、通常9,000ポイントもらえるところを、10,800ポイント付与されます。

年間で2,000ポイント近くの差がつくのは大きいですね。

固定費の支払いなどをUCSカードに集約することで効果的にポイントを貯められます。

パックツアーで旅行する

ucsカード

UCSパックツアーの特定ブランドを申し込むと、旅行時にゲットできるUポイントが最大5倍になります。つまり、200円につき5ポイントもらえるということです。

UCSカードは旅行にも強いクレカと言えますね。

スタンプラリーに挑戦する

UCSネットサーブを利用すると、スタンプラリーに挑戦できます。スタンプラリーでは、所定のアクションを実行することでスタンプを貯めます。

スタンプが6個以上貯めると、Uポイント10万ポイント分のシェアを受けられます。

スタンプ8個以上で、8個以上貯まった人のみで10万ポイントシェアの権利が付与されます。さらに、スタンプ10個以上で10個以上貯まった人たちのみでシェアに参加できます。

つまり、最大3回のシェアの参加権を得られるということです。アクションもログインのみでOKといったものもあるので、気軽に挑戦しやすいものになっています。

オンラインストアで一気に貯める

UCSには、ぽいん貯モールという500店以上が加盟しているオンラインストアがあります。ぽいん貯モールでショッピングをするとUポイントが最大で30倍貯めることもできます

下記にポイントの倍率が高いショップの一例を紹介します。

  • Uポイント倍率が高いショップ(一例)
    • ビスタプリント(30倍)
    • サンスターオンラインショップ(20倍)
    • マカフィーストア(28倍)
    • ノートンストア(28倍)

例えばビスタプリントで通常10ポイントたまる買い物をした場合、300ポイントたまるということになります。

UCSカードを持っているなら、オンラインストアはマストアイテムです。オンラインショッピングで一気にポイントを貯めて、ロイヤルメンバーズを目指すのもありですね。

アンケートに回答する

ucsカード

UCSが時々開催するアンケートに回答すると、景品やUポイントが抽選で当たります。

このようにこまめにUCSからの情報をキャッチすることで、ポイントを貯める機会を多く見つけられます。また、アンケート回答は無料でポイントをもらうチャンスのため、積極的に回答しましょう。

Uポイントの使い道

ucsカード

貯まったUポイントは、商品券等と換えられます。1,000ポイント毎に交換でき、最低必要ポイント数は1,000ポイントです。UCSカードを複数持っている場合、ポイントは合算できません。

  • Uポイントと交換できる商品
    • ユニー商品券
    • 図書カード
    • 三井住友ギフトカード
    • JMBマイル
    • ユニセフへ寄付
    • 日本赤十字社に寄付
商品の送付は申請後約3週間後です。

 

注意!

Uポイントの有効期限は2年間のため、なるべく失効前に使い切りましょう。

UCSカードの審査について

ucsカード

UCSカードを申し込もうとしている人の中には、「審査は厳しいのか」「学生や主婦(夫)でも作れるのか」と、審査の厳しさに疑問を持っている人もいるでしょう。

ここでは、UCSカードの審査のハードルや、スピードについて紹介します。

審査のハードルは高い?

ucsカード

審査のハードルは、それほど高くないと言えるでしょう理由は、UCSカードの提供元は小売店を経営している会社であるためです。

小売店としては、自社のスーパーをもっと使って欲しいと思っています。スーパーでたくさん買い物をするのは主婦(夫)層であるため、彼らがカードを持ちやすいよう審査基準を設定していると考えられます。

実際にUCSカードの申し込み条件は「18歳以上で安定収入がある人」となっていますが、申し込みフォームの職業欄には主婦や学生の項目もあります。つまり、家族に収入がある主婦や、アルバイトをしている学生も申し込み自体は可能です。

だからといって必ず審査に通るわけではありませんが、他社のクレカでは「アルバイト不可」となっているものもあることを考えると、UCSカードは審査に通りやすいと言えるでしょう。

審査のスピードは1週間~1ヶ月

UCSカードの審査スピードは大体1週間から1ヶ月と言われています。期間に幅がありますが、審査スピードは人によります。

1ヶ月かかったからといって、必ずしも審査に落ちるわけではないこともUCS側から発表されています。

審査状況はWeb上で確認できます。申込照会番号、電話番号、生年月日を入力するだけです。

UCSカードとmajica連携

ucsカード

UCSカードは、ドン・キホーテ等で使えるmajicaポイントと連携ができます。ここでは、具体的にな連携方法と、majicaと一体になったクレカについて紹介します。

majicaポイントとは?

ucsカード

majicaポイントは、majica加盟ショップでの決済に使えるポイントのことです。有名なところだと、ドン・キホーテですね。

majicaポイントは通常のクレカと違い、プリペイド機能も持っています。つまり、買い物前にmajicaポイントをチャージして、支払いに充当させられます。

なお、majicaポイントはチャージをするときも金額に応じてポイントがもらえます。

ポイントの獲得方法 付与ポイント数
スマホ・PCからクレジットチャージ 200円につき3ポイント
レジでの現金チャージ 200円につき2ポイント
クレカの利用 200円につき1ポイント

 

majicaポイントは1,000円単位でチャージできます。
スマホ・PCからのチャージは還元率が1.5%になるのでお得と言えます。

majica連携するとできること

UCSカードを使用して貯まるのはUポイントですが、majica連携を行うと今まで貯めたUポイントがmajicaポイントに変わります。

majicaポイントは1ポイント=1円として、加盟ショップでのお買い物の際に利用できます。加盟ショップにはアピタ・ピアゴも入っているので安心です。

注意!

一度UCSカードとmajicaアプリを連携すると、登録の解除ができません。

一度majica連携を行うと、以降に貯まるポイントはUポイントではなくmajicaポイントになります。

引き続きUポイントを貯めたい方はmajica連携をしないようご注意ください。

Uポイントはお店頭での支払いに直接充当できなかったのに対し、majicaポイントはレジでの支払いに使えるため、majica連携するメリットは確かにあります。

majicaポイントが貯まる「majica donpen card」

「アピタ・ピアゴでもmajicaポイントが使えるなら、最初からmajicaポイントが貯まるクレカが欲しい」と思う人もいるでしょう。majica donpen cardは、その希望を叶えるクレカです。

ucsカード

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.5%~1.5% × 18歳以上で安定した収入があること

majica donpen cardも、年会費0円で持てるクレカです。申込条件もUCSカードと変わらないため、審査ハードルも大きな差はないと考えられます。

上述のように、スマホやPCからのチャージで還元率1.5%になるため、UCSカードよりメリットが大きい面もあります。

また、1,001円以上のお買い物の際は1の位の端数が0か5円になるようカットしてくれたり、対象店舗では会員限定価格でブランド品や家電が買えたりするなどmajica donpen card独自の特典もあります。

UCSパックツアー優待や旅とくプラス、ショッピング保険はUCSカードと同じく付帯してきますので、majica加盟ショップでのお買い物が多い人にとってはUCSカードより使い勝手の良いクレカとなる可能性も十分にあります。

注意!

majica donpen cardのブランドはJCBのみです。

UCSカードの入会キャンペーン

ucsカード

最後に、2021年3月現在実施されている入会キャンペーンについて紹介します。入会を検討されている場合はぜひ見逃さないでくださいね。

UCSカードの入会キャンペーン

UCSカードでは、最大8,500ポイントがもらえる入会キャンペーンを実施しています。内容は、対象店舗の利用や支払いにUCSカードの登録を行うというものです。

利用・登録内容 還元ポイント数
新規入会 500
majicaへのクレジットチャージ100,000円 最大3,000
アピタ・ピアゴ以外の店舗で10,000円以上の利用 1,000
携帯電話(au、docomo、SB、Ymobile、UQ)の支払いにUCSカード登録 500
電気・ガスの支払いにUCSカードを登録 500
ETCカード入会後1,000円以上の利用 500
カード到着後”リボ宣言”登録 500
UCSネットサーブWeb明細登録 500
ショピングリボまたはショッピング分割3ヶ月以内に10,000円以上の利用 1,500
電気・ガスや携帯料金など固定費の支払いをUCSにまとめるとポイントがもらえるだけでなく、月々の利用でUポイントも貯められるので一石二鳥です。

 

注意!

利用は入会後3ヶ月間の合計金額です。登録は入会後3ヶ月以内に限ります。

まとめ

UCSカードについて紹介しました。UCSカードは以下のような特徴・メリットがあります。

  • UCSカードはアピタ・ピアゴ・宇佐美ガソリンスタンドで料金が割引される
  • Uポイントは商品券、寄付などと交換できる
  • majica連携すると貯めたUポイントをmajicaポイントに移行できる
  • majicaポイントを貯めたいならmajica donpen cardがおすすめ

普段のお買い物をお得にしたい方はぜひ検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事