楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、低金利でお金を借りられるのが特徴です。

銀行ならではの安心感がありつつ、楽天という知名度の高さから注目されています。

そこで今回は、楽天銀行スーパーローンの特徴について解説。あわせて、審査基準や審査落ちとなる要因についても見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


楽天銀行スーパーローンとは?

楽天銀行スーパーローンの概要について見ていきましょう。

楽天銀行スーパーローン

おすすめポイント
低金利で借入ができる
スマートフォンで申し込みが完了する
いつもの銀行口座で利用可能
金利 融資限度額 申し込み対象 即日融資 資金使途 担保・保証人
実質年率1.9%~14.5% 800万円 満年齢20歳以上62歳以下で毎月安定した定期収入のある方 × 原則自由(事業性資金の利用は不可) 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社が保証

金利

楽天銀行スーパーローンの金利は、実質年率1.9%から14.5%です。

銀行カードローンならではの低金利でのサービス提供をしており、はじめてカードローンを利用する人も手が出しやすい設定です。

なお、下記表に他社カードローンの金利をまとめていますので、ぜひ比較用に活用してください。

楽天銀行スーパーローン 実質年率1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 実質年率2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 実質年率4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 実質年率1.8%~14.6%
レイクALSA 実質年率4.5%~18.0%
アコム  実質年率3.0%~18.0%
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0%
プロミス 実質年率4.5%~17.8%
アイフル 実質年率3.0%~18.0%

また、楽天銀行スーパーローンでは利用限度額と借入利率は審査により決定します。

社会情勢により金利は変動する場合もありますが、参考として下記にまとめていますので目を通しておいてください。

800万円 年1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 年3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 年4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 年4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 年4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 年6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 年9.6%~14.5%
100万円未満 年14.5%

申し込み条件

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件は、下記を満たしている人に限ります。

  • 満年齢20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

年齢について、パート・アルバイト、および専業主婦の人は60歳以下です。

また、外国籍の人は永住権か特別永住権を持っていなければ申込できません。


楽天銀行スーパーローンの申し込みはインターネットだけ

楽天銀行スーパーローンは、インターネットにて申し込み可能です。

なお、申し込みの流れは下記になります。

申し込みの流れ
  1. 申し込みフォームへの入力
  2. 楽天銀行から受付メールの配信
  3. 審査開始
  4. 勤務先への在籍確認
  5. 契約内容の確認
  6. 必要書類の提出
  7. 手続き完了後にローンカード発行

申し込みは24時間可能なため、自分の都合の良いタイミングで実施できます。また、楽天銀行の口座を持っていない人でも口座開設不要で申し込み可能です。

審査結果については、申し込みフォームに入力したアドレス宛に送信されます。

在籍確認・契約内容の確認について

申込情報に入力した勤務先へ、本当に在籍しているかを確認するために電話連絡が入ります。

そして、申込者本人に対しても契約内容の確認連絡が入りますので、スムーズに手続きを進めるためにも繋がりやすい番号を入力しましょう。

なお、在籍確認については本人が電話に出なくても、例えば外出中や電話対応中など、社員からの情報があり勤務していることがわかれば良いです。

申し込み時の必要書類

楽天カードの

申し込みをする際は、本人確認書類を用意してください。

なお、有効な本人確認書類は下記です。

有効な本人確認書類(下記1点)
  • 住民票の写し(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)

また、下記は2点用意が必要です。

有効な本人確認書類(下記2点)
  • 運転免許証の写し
  • 健康保険証の写し
  • パスポート

免許証に関して、裏面に変更情報がある場合は両面の写しを用意しましょう。また、健康保険証は名前と生年月日、住所欄の写しが必要です。

パスポートは日本国内で発行されたもので、顔写真および所持人記入欄部分の写しをご用意ください。

収入証明書類について

収入証明書が必要な場合は、下記を用意してください。

お勤めの方の場合
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

なお、自営の人は下記が必要です。

自営の方
  • 課税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

収入や所得を記載されているものが必要となりますので、事前にご用意ください。楽天銀行スーパーローンの審査基準

会社員はふるさと納税いつまでにするべき?

楽天銀行スーパーローンを利用するにあたり、やはり審査基準は気になるところです。

しかし、審査基準は一般的に公表されていないためわかりません。

審査基準を予想する一つの要素として、申し込み条件が挙げられます。上記でも紹介しましたが、再度楽天銀行スーパーローンの申し込み対象を見ていきましょう。

  • 満年齢20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下)
  • 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
  • お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

申し込み条件から、年齢を満たし収入が安定していれば、正社員でなくパートやアルバイトでも申込可能とされています。また、専業主婦でも申込可能です。

審査の優遇について

楽天銀行スーパーローンの公式ホームページにて、楽天会員ランクにより審査が優遇されるという見出しがあります。

楽天では、会員に対して下記のランク設定がされています。

  • シルバーランク
  • ゴールドランク
  • プラチナランク
  • ダイヤモンドランク

必ずしもすべての楽天会員が審査の優遇を受けられるとは限りません。しかし、既に楽天のサービスを日頃から活用しており、ランクが高い人は審査では有利になるかもしれないので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。


楽天銀行スーパーローンの審査落ちになる人の特徴

JCBカード Wの審査基準を解説

楽天銀行スーパーローンだけに限らず、審査落ちとなりやすい人の特徴は下記です。

審査落ちとなりやすい人の特徴
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 年収が少ない・収入が不安定
  • 他社からの借入が多い
  • 直近で申し込みをして審査落ちしている
  • 複数社に申し込みをしている

過去に金融事故を起こしている

過去に自己破産や個人再生などの債務整理をしている人は、審査に通過することは難しくなります。

金融事故を起こしている場合は社会的信用を著しく欠いているので、貸す側としては貸し倒れのリスクを懸念することがその理由です。

金融事故を起こすと個人信用情報機関に名前が登録され、いわゆるブラックリストになります。

ブラックリストに入ると、カードローンはおろか、お金に関する契約での審査において非常に不利です。

年収が少ない・収入が不安定

年収が少ない人は、審査で返済能力が乏しいと判断される可能性があります。また、年収が多くても毎月の収入が安定していない場合も同様です。

いかに毎月きちんとお金を確保できているかが返済において重要です。そのため、アルバイトやパートでも安定した収入を確保できていれば、審査を通過できる可能性はあります。

他社からの借入が多い

他社からの借入が多い場合は、他への返済に追われ返済期日に遅れる可能性があると判断されやすいです。

また、お金を借りている金額が多いと、相当お金に困っているという印象を与えてしまいます。

その結果、カードローン会社からすると貸し倒れのリスクを懸念するため、審査落ちの可能性は高くなるのです。

ベストは完済しておくこと、それが難しければできるだけ他社の借入残高は減らしておきましょう。

直近で申し込みをして審査落ちしている

直近で申し込みをして審査落ちしている場合は、一定期間あけてから再申し込みをしましょう。

楽天銀行スーパーローンの公式ホームページにも、過去6ヶ月以内に申し込みをした方からの申し込みは遠慮いただいていると記載されています。

複数社に申し込みをしている

複数社への申し込みは、多重申し込みとなります。

数社に申し込みをしていると、相当お金に困っているという印象を与えてしまうため避けた方が良いです。

申込情報は個人信用情報機関にて履歴が保存され、審査の際に確認できるようになっています。

カードローンの審査は数を打てば当たるという訳ではないため、不利に働くことはやめましょう。


楽天銀行スーパーローンの借入方法

借入をするには、下記の方法があります。

楽天銀行スーパーローンの借入方法
  • ネットキャッシング
  • 電話
  • 提携CD・ATM

ネットキャッシング

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも登録口座へ振り込みによる借入ができます。

なお、登録口座が楽天銀行の場合は24時間即時に振り込みが可能です。

楽天銀行以外の金融機関の場合は、平日0時10分から14時45分までに申し込みをすると当日の振り込みができます。

電話

株式投資の初心者向けの注意点

24時間専属のオペレーターが対応してくれます。

カードローンの借入に関する問い合わせは、下記の楽天銀行カードセンターに問い合わせてください。

  • 楽天銀行カードセンター:0120-730-115

手数料も無料なため無駄な出費もありません。ネットでの申し込みが不安な人は、ぜひ電話での申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

提携CD・ATM

全国におよそ10万台ある提携CD・ATMにて借入ができます。

下記が利用可能な提携金融機関です。

  • みずほ銀行
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • 北都銀行
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行
  • きらぼし銀行
  • ステーションATMパッとサッと

身近な場所にあるATMなどで利用できますので、急な入用にも対応しやすいです。


楽天銀行スーパーローンの返済日・返済方法

楽天カードのつくり方

楽天銀行スーパーローンの返済日は、下記から選択できます。

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日

なお、27日は楽天銀行口座を引き落としの口座に指定している場合に限り選択可能です。

返済をするには、下記の方法があります。

楽天銀行スーパーローンの返済方法
  • インターネット
  • 提携ATM
  • 振り込み

インターネット

楽天カードを解約するときの手順を解説

楽天銀行スーパーローンのインターネット会員サービス「メンバーデスク」より、金融機関のインターネットバンキングを利用して手数料無料で返済できます。

1円単位での返済が可能で、返済だけでなく融資の申し込みや各種変更も承っていますので、ぜひ登録してみてください。

提携ATM

提携ATMにて、千円単位で返済ができます。

借入と同様、全国におよそ10万台もの提携ATMがあるため、身近な場所で手軽に返済可能です。

提携ATMの設置場所は、楽天銀行スーパーローンの公式ホームページにて検索できます。

振り込み

専用のカードローン返済口座が用意されており、振り込みにて返済可能です。

なお、振込口座番号については楽天銀行カードセンターに問い合わせてください。


毎月の返済額について

JCBカードの口コミや評判を紹介

楽天銀行スーパーローンでは「残高スライドリボルビング返済」「元利込定額返済」があります。

毎月の返済額は、返済方式により異なりますので、それぞれチェックしておきましょう。

残高スライドリボルビング返済D

平成28年7月19日以降に会員となった場合に適用される返済方式です。

ご利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円

なお、上記以前に会員なっており、現在変更を受け付けている「残高スライドリボルビング返済方式」の場合、下記が毎月のローン返済額になります。

ご利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 3,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円

元利込定額返済

契約の限度額によって毎月一定の金額を返済する方式です。下記が毎月のローン返済額になります。

ご利用残高 毎月のローン返済額
50万円以内 1万円以上
50万円超~100万円以内 2万円以上
100万円超~150万円以内 2万5千円以上
150万円超~250万円以内 3万5千円以上
250万円超~300万円以内 4万円以上
300万円超~500万円以内 5万円以上

まとめ

この記事では、楽天銀行スーパーローンについて解説しました。

審査基準は公表されていませんが、アルバイトやパート、あるいは専業主婦の人でも申し込みができる点から、比較的利用しやすいカードローンと予想できます。

過去に金融事故を起こしている、現在複数社から多額の借入をしているなどは審査落ちの要因となり得るので注意しましょう。

いま、お得な金利キャンペーンを実施していますので、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事