みずほ銀行カードローンの返済額や審査、増額など徹底解説!

みずほ銀行カードローンは、メガバンクが運営していることから信用度の高さが伺えます。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利も低いため、利息というリスクを軽減できる点も利用者にとってメリットです。

そこで今回は、みずほ銀行カードローンの審査について解説。そして、返済額や返済日などとともに増額方法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


みずほ銀行カードローンの概要(金利・申し込み条件)

みずほ銀行カードローン

おすすめポイント
低金利で借入できる
WEB完結による申し込みができる
みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能
金利 融資限度額 申し込み対象 即日融資 資金使途 担保・保証人
実質年率2.0%~14.0% 10万円~800万円 ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満で安定かつ継続した収入の見込める方 × 原則自由(事業性資金の利用は不可) 不要

金利

みずほ銀行カードローンの金利は、実質年率2.0%から14.0%です。

銀行のカードローンならではの低金利となっており、利用者にとっては利息というリスクを軽減しつつお金の手配ができます。

下記表に各銀行のカードローン、ならびに消費者金融カードローンの金利をまとめていますので、ぜひ比較用として参考にしてください。

みずほ銀行カードローン 実質年率2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 実質年率4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 実質年率1.8%~14.6%
レイクALSA 実質年率4.5%~18.0%
アコム  実質年率3.0%~18.0%
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0%
プロミス 実質年率4.5%~17.8%
アイフル 実質年率3.0%~18.0%

なお、借入金利は利用限度額によって異なります。

適用金利がみずほ銀行カードローンの公式ホームページに記載されていますので、ぜひ把握しておいてください。

10万円以上100万円未満 実質年率14.0%
100万円以上200万円未満 実質年12.0%
200万円以上300万円未満 実質年率9.0%
300万円以上400万円未満 実質年率7.0%
400万円以上500万円未満 実質年率6.0%
500万円以上600万円未満 実質年率5.0%
600万円以上800万円未満 実質年率4.5%
800万円 実質年率2.0%

30日間無利息サービスを実施中

みずほ銀行カードローンでは、2021年2月3日から2021年4月30日の期間中、WEB申し込み限定で最大30日間利息全額キャッシュバックキャンペーンを開催しています。

よりお得に利用できる機会なので、ぜひチェックしてみてください。

申し込み条件

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は、下記になります。

申し込み条件
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

年齢を満たしていることはもちろん、収入が安定していること・かつ継続していることは求められる条件です。

また、保証会社とは株式会社オリエントコーポレーションのことで、審査のうえ保証します。そのため、担保・保証人は不要です。


みずほ銀行カードローンの借入金額に応じた返済額について

みずほ銀行カードローンでは、毎月の返済額は契約日によって違います。

2012年7月31日以降に契約の締結あるいは変更をしており利用限度額が200万円以上の場合

前月10日の利用残高(貸越元金への利息の組み入れ後の残高) 毎月の返済額
2千円未満 利用残高
2千円以上20万円以下 2,000円
20万円超40万円以下 4,000円
40万円超60万円以下 6,000円
60万円超80万円以下 8,000円
80万円超100万円以下 10,000円
100万円超120万円以下 12,000円
120万円超140万円以下 14,000円
140万円超160万円以下 16,000円
160万円超180万円以下 18,000円
180万円超200万円以下 20,000円
200万円超220万円以下 22,000円
220万円超240万円以下 24,000円
240万円超260万円以下 26,000円
260万円超280万円以下 28,000円
280万円超300万円以下 30,000円
300万円超320万円以下 32,000円
320万円超340万円以下 34,000円
340万円超360万円以下 36,000円
360万円超380万円以下 38,000円
380万円超400万円以下 40,000円
400万円超420万円以下 42,000円
420万円超440万円以下 44,000円
440万円超460万円以下 46,000円
460万円超480万円以下 48,000円
480万円超500万円以下 50,000円
500万円超520万円以下 52,000円
520万円超540万円以下 54,000円
540万円超560万円以下 56,000円
560万円超580万円以下 58,000円
580万円超600万円以下 60,000円
600万円超620万円以下 62,000円
620万円超640万円以下 64,000円
640万円超660万円以下 66,000円
660万円超680万円以下 68,000円
680万円超700万円以下 70,000円
700万円超720万円以下 72,000円
720万円超740万円以下 74,000円
740万円超760万円以下 76,000円
760万円超780万円以下 78,000円
780万円超800万円以下 80,000円
800万円超 20万円増すごとに8万円に2千円ずつ増加した金額

なお、2012年7月31日より以前に契約の締結をしている、もしくは変更をしている場合は上記表と返済額が異なります。返済額の一例が下記です。

前月10日の利用残高(貸越元金への利息の組み入れ後の残高) 毎月の返済額
2千円未満 前月10日現在の利用残高
2千円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超 ご利用残高が10万円増すごとに2千円を追加

公式ホームページに詳細な金額が掲載されていますので、ぜひアクセスをしてご確認ください。


みずほ銀行カードローンの増額申請の方法とは

利用可能額を増やしたい場合は、増額申請をしなければいけません。

増額申請は下記の方法で進めてください。

  • パソコン・スマートフォンでの申し込み
  • 電話での申し込み
  • みずほ銀行店舗

なお、増額申請では保証会社による審査が実施されます。

パソコン・スマートフォンからはカードローンの申し込みページにアクセスをして手続きをしてください。

電話の場合は専用ダイヤルに連絡をしましょう。

受付時間は、月曜日から金曜日の9時から20時です。


みずほ銀行カードローンの審査基準は?

結論から言うと、みずほ銀行カードローンの審査基準は公表されていません。

そのため、審査について通過できるラインを示すことはできないのです。ただし、申し込み条件からある程度の難易度を解明することはできます。

改めて申し込み条件を見てみましょう。

申し込み条件
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

上記が申し込み条件です。ここから推測するに、申し込み対象として雇用形態を挙げていません。

つまり、正社員でなくアルバイト・パートでも、収入が安定していれば審査に通過できる可能性はゼロではないのです。

そのため、決して審査基準は高い壁ではなく、幅広い人が利用できるカードローンといえます。

審査時間

審査にかかる時間は、申し込み方法によって異なります。

あくまで目安になりますが、下記に審査に要する時間をまとめていますのでご確認ください。

審査に要する時間
  • インターネット:翌営業日以降に審査結果の回答
  • 店頭:翌々営業日以降に審査結果の回答
  • 郵送:申込書の到着後、翌々営業日以降に審査結果の回答
  • 電話:申し込み受け付け後、翌々営業日以降に審査結果の回答

消費者金融の場合は、申し込みをしたその日の内に審査結果の回答がでる場合が少なくありません。

しかし、銀行の場合は少々時間がかかってしまうので、急いでいる人は余裕を持って申し込みをしましょう。

なお、インターネットが最も早く契約完了まで進めますので、ぜひご活用ください。


みずほ銀行カードローンの借入方法

株式投資のために口座開設する方法を解説

借入をするには、下記の方法があります。

借入方法
  • みずほダイレクト
  • ATM

みずほダイレクト

みずほダイレクトとは、下記が利用できるサービスです。

  • インターネットバンキング
  • モバイルバンキング
  • テレホンバンキング

基本的に、24時間借入が利用できます。

ただし、下記時間帯はシステム調整を実施しているため利用できません。

利用できない時間帯
  • 土曜日22時~翌日日曜日8時
  • 第1・第4土曜日3時~5時

インターネットなどで気軽にお金を手配できますので、非常に便利です。

ATM

全国にあるみずほ銀行ATMや提携ATMを使い、利用可能額の範囲内で繰り返し借入ができます。

なお、利用可能な提携ATMは下記です。

  • イーネット
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行

身近なコンビニに設置されているため、使い勝手が良く大変便利です。

借りたいときに手配しやすいので、急にお金が必要なときでも安心して利用できます。

なお、ATM利用時間は下記の通りです。

月曜日 火曜日~金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行ATM:7時~24時

コンビニATM:終日

みずほ銀行ATM:終日

コンビニATM:終日

みずほ銀行ATM:0時~22時

コンビニATM:0時~22時

みずほ銀行ATM:8時~21時

コンビニATM:8時~24時

上記の時間帯は24時間稼働における場合です。

店舗によって取引内容や利用可能日、取引時間が異なるためご注意ください。


みずほ銀行カードローンの返済方法

返済方法は下記があります。

返済方法
  • カードローン自動引き落とし
  • ATMでの任意返済
  • みずほダイレクトでの任意返済

自動引き落とし

毎月10日に前月10日現在の利用残高に応じて、残高スライド方式により返済用の普通預金口座から引き落とされます。

引き落としては返済日当日の夜間となりますので、返済額のご用意を忘れないでください。

ATM

都合に合わせて、ATMにて返済できる方法です。

なお、返済が可能なATMは下記になります。

  • みずほ銀行ATM
  • イーネット
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM

みずほダイレクト

パソコンやスマートフォン、携帯電話などから随時返済が可能です。

返済は24時間受け付けていますので、日中は仕事で忙しく時間が取れない人でも、夜に手続きができます。


みずほ銀行カードローンの申し込み方法

みずほ銀行カードローンの申し込みをするには、下記の方法があります。

申し込み方法
  • パソコン
  • スマートフォン
  • 郵送
  • 電話
  • 店舗

パソコン

パソコンによる申し込みは、下記の流れで進みます。

申し込みの流れ
  1. パソコンでの申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の確認
  4. 契約手続き
  5. 利用開始

パソコンからの申し込みは24時間受け付けているため、自分の都合に合わせやすい点が特徴です。

申し込みフォームに必要項目を入力し送信すると、審査に進みます。

審査結果は入力したメールアドレスに届きますので確認してください。

スマートフォン

スマートフォンによる申し込みも、パソコンと同様に24時間受け付けています。なお、申し込みの流れはパソコンと同じです。

公式ホームページにあるQRコードを読み取ることで簡単にアクセスできますので、ぜひご活用ください。

郵送

郵送による申し込みは、下記の流れで進みます。

申し込みの流れ
  1. 郵送での申し込み
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. 利用開始

みずほ銀行に備え付けられているメールオーダーから、郵送により申し込みをします。

なお、その際は下記をご用意ください。

  • カードローン申込書
  • 本人確認書類のコピー
  • 本人の年収を確認できる書類のコピー

また、メールオーダーによる申し込みは、みずほ銀行の普通預金口座を持っている人が対象です。

電話

電話による申し込みは、下記の流れで進みます。

申し込みの流れ
  1. 電話での申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の確認
  4. 契約手続き
  5. 利用開始

申し込みは、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルから実施します。

  • みずほ銀行カードローン専用ダイヤル:0120-324-555
  • 音声ガイダンスに従い「1」を押下
  • 受付時間:平日9時~20時

なお、12月31日から1月3日・祝日・振替休日は利用できません。

近くに店舗がない、またはネットによる申し込みに不安がある人は電話申し込みをご利用ください。

店舗

店舗での申し込みの場合は、下記の流れで進みます。

申し込みの流れ
  1. 店舗での申し込み
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. 利用開始

みずほ銀行店舗窓口にて申し込み可能です。

なお、その際は下記を持参してください。

  • 印鑑
  • 本人確認書類のコピー
  • 本人の年収を確認できる書類のコピー

スタッフに相談しながら手続きが進められるので、カードローン初心者にはおすすめです。


申し込み時の必要書類について

申し込みをする際は、下記の本人確認書類を用意してください。

申し込み時の必要書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

なお、本人確認書類は氏名・住所・生年月日が記載されているものに限ります。

また、外国人の場合は永住許可を受けていることが確認できる書類をご用意ください。

収入証明書について

本人の年収を確認できる書類を提出しなければいけない場合は、下記をご用意ください。

収入証明書類について
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書

なお、個人事業主や会社経営者の場合は、住民税決定通知書または課税証明書、もしくは納税証明書のいずれかに限ります。


まとめ

この記事では、みずほ銀行カードローンについて解説しました。

金利は比較的低いため、利用者にとって優しい商品といえます。

審査基準は公表されていませんが、正社員以外の人でも申し込みが可能なことから、そこまで難しくないのではと予想できます。ただし、あくまで一つの目安となりますので、その点はご注意ください。

毎月の返済額については、カードローンを契約した時期により異なるため、事前に把握しておいてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事