メモ

FXを始めたいと考えていて「稼ぎ方や失敗しないためのポイントを知りたい」「始め方は?おすすめFXはある?」など疑問を持っている方は少なくないようです。

稼ぎ方や始め方、失敗しないためのポイントなど、FXの基礎知識を身につけていないと大損するリスクがあります。逆に、これらの知識やノウハウを押さえておけば安定した収益を得ることも可能です。

そこで今回は、初心者向けにFXの稼ぎ方ややり方、失敗しないためにできることとして考えられるポイントやおすすめFX会社について解説します。口座開設の手順も紹介していますので、FXに興味を持ち始めた方は、ぜひ参考にご覧ください。
※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

FXとは

FXとは

FX (Foreign Exchange) は外国為替証拠金取引のことです。証拠金をもとに米ドル/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円など2つの通貨を売買したり、保有して金利差を得たりすることで利益を狙う金融商品です。

証拠金の最大25倍の金額で取引できる「レバレッジ」や「買い」「売り」両方から入れること、2通貨(国)の金利差を獲得できる「スワップポイント」など、多くの特徴があります。

FXの稼ぎ方は主に以下の2種類があります。

  • レート差による「売買益」
  • 金利差による「スワップポイント」

FXを始めるには、稼ぎ方を理解しておかなくてはなりません。ここでは、2通りの稼ぎ方について詳しく見ていきましょう。

1.売買益

FXは売買益によって稼ぐことができます。FXの売買益とはレート差のことで「為替差益」とも呼ばれていて、稼ぎ方は以下2パターンです。

  • 安く買って高く売る
  • 高く売って安く買う

例えば、1ドル=102円の時に1,000通貨買い、1ドル=104円のときに売れば3,000円の利益になります。また、1ドル=109円の時に1,000通貨を売り、1ドル=105円の時に買い戻せば4,000円の利益を得ることが可能です。

このように、FXは売買益(為替差益)によって稼ぐことができます。

2.スワップポイント

FXは、通貨ペアの金利差によって稼ぐ方法もあります。金利が高い通貨など、買って保有する通貨が売る通貨より金利が高ければ、金利差がプラスとなり営業日ごとにスワップポイントが付与されます。

例えば、2021年1月時点のトルコの政策金利は17.0%で日本は-0.1%です。

トルコリラを買い、日本円を売る場合は「17.0%-(-0.1%)=17.1%」となり、金利差分のスワップポイントを受け取ることができます。

このように、FXは通貨ペアの金利差でも稼げるため、中〜長期間保有してコツコツと利益を積み上げることも狙えます

投資初心者にFXがおすすめな4つの理由

会社員や主婦、アルバイトなど、投資初心者にFXがおすすめされる理由は大きく4つあります。おすすめの理由を知ることで、FXの魅力や特徴をより深く知ることができるでしょう。

ここでは、FXがおすすめされる4つの理由について紹介します。

1.好きな時間に取引ができる

FXがおすすめされる理由の1つが、好きな時間に取引ができることです。

FXは、為替市場で行われる取引であり、ウェリントン市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場など、常にどこかの市場が開いているため、24時間好きな時に売買ができます。

株式投資のように9時〜15時しか取引できないわけではありません。

こんな時も取引できる

  • 朝起きて家を出るまでの間
  • 通勤時間の電車やバスの中
  • 昼食を食べながら
  • 人を待っている時間
  • 帰宅する際の電車やバスの中
  • 寝る前の時間

など、1日の空き時間・スキマ時間を活用して利益を狙うことができます。

「日中は忙しく。時間が空く朝や夜は取引ができない……」と、時間を理由に投資を諦める必要もありません。好きなタイミングで売買できる取引環境は、FXならではの魅力です。

2.「買い」「売り」の両方で利益を狙える

FXは「買い(ロング)」「売り(ショート)」のどちらからでも始めることができるため、以下2つの取引で利益を狙うことが可能です。

  • 買ってから売る(買った時より相場が上がって売れば利益
  • 売ってから買う(売った時より相場が下がって買えば利益

上記のように、相場が上昇局面・下落局面どちらにおいても利益を狙えます。株式(現物)の場合は「買い」からしか入れないため、相場が上昇しないと売買益を得ることはできません。

FXであれば、「買い」または「売り」から入れることで、相場がどのような状況であっても利益を狙うことができます。

3.スマホアプリを使ってFXができる

「FXはしたいけど自宅にパソコンがないから…」と諦めている方も多いようです。しかし、FXはパソコンがなくてもスマホアプリを使って取引することができます。

各FX会社は専用のスマホアプリを提供していて、アプリでは以下のようなことができます。

アプリでできること
  • チャート分析
  • 新規注文
  • 決済注文
  • 入金
  • 出金
  • 投資情報確認
  • 自動売買 など

一目均衡表やボリンジャーバンドなど人気指標を搭載していて、チャートを複数表示することも可能です。スマホアプリでも高機能チャート等が使えるため、パソコンがなくても本格的な分析・取引ができます。

4.1万円以下の少額資金で始められる

FXは、サービスによっては1万円以下の少額資金で始めることもできます。最低取引単位が1,000通貨のFX会社であれば、米ドル/円の必要証拠金は4〜5,000円程度です。

1通貨から取引ができるSBI FXトレードを利用する場合は、米ドル/円の必要証拠金はわずか5円程度になります。1,000〜2,000円の少ない資金でもFXが可能です。

このように、FXは1万円以下の少額資金でも取引ができるため、「投資に興味があるけどいきなり数十万円も投じたくない」という方でも安心です。

初心者におすすめのFX口座3選

「どのFX会社を選べばいいのかわからない」という方も多いようです。ここで紹介する3社は、低めのコストで利用でき、情報量も多く、ツールが使いやすいFX会社です。良い環境で取引ができるため、FX会社選びの参考にしてみてください。

外為どっとコム

おすすめポイント
低コストで取引ができる
高金利通貨を取り扱う
投資に役立つ情報が充実
最低取引単位 スプレッド
(ドル/円、原則固定・例外あり)
通貨ペア数 口座開設
1,000通貨 0.2銭 30 最短即日

出典:外為どっとコム(https://www.gaitame.com/)

外為どっとコムは、低めのスプレッドのためコストを抑えた取引ができます。メキシコペソなどの金利が高い通貨も取り扱うため、スワップ狙いの長期投資にも向いています

経済ニュースやFXを学べるコンテンツ、アナリストレポートなど、投資に役立つ情報やマーケット情報が豊富です。過去のチャートをもとにこれからの値動きを自動予測する「ぴたんこテクニカル」などのツールも無料で利用できます。

SBI FXトレード

おすすめポイント
1通貨から売買が可能
積立FXができる
スプレッドが狭い
最低取引単位 スプレッド
(ドル/円)
通貨ペア数 口座開設
1通貨 0.09銭
※1〜1,000通貨の場合、原則固定・例外あり
34 最短翌日

出典:SBI FXトレード(https://www.sbifxt.co.jp/)

SBI FXトレードは1通貨から売買ができるFX会社です。米ドル/円で1通貨取引する際の必要証拠金は、わずか5円程度になります。

34種類と豊富な取扱い通貨ペア数で、クイック入金は約380行に対応しています。毎月一定額を投資していく積立FXも可能です。できるだけ少ない投資資金でFXを始めたい方に、おすすめのFX会社です。

※出典:公式ページ

DMM FX

DMMFX
おすすめポイント
現金化できるポイントが貯まる
最短1時間で取引スタート
使いやすい取引ツール
最低取引単位 スプレッド
(ドル/円)
通貨ペア数 口座開設
1万通貨 0.2銭(原則固定・スプレッド) 21 最短即日

出典:DMM FX(https://fx.dmm.com/)

DMM FXは、取引をすることで独自のポイントが貯まり、貯めたポイントを現金に交換することができます。最短1時間で取引を始められるため、急いでいる人やチャンスを逃したくない人も安心です。

困ったことがあれば、電話やメール、LINEで気軽に問い合わせができます。パソコンツール、スマホアプリとどちらも高機能でありながら直感的な操作ができるため、初心者〜上級者まで多くのトレーダーが利用しています。

※『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)

初心者がFXで失敗しないために大切な6つのポイント

勉強やデモトレードによる練習、取引ルール決めなど、事前準備をすることで大損など失敗するリスクを軽減することが可能です。

失敗しないためのポイント

ここでは、初心者がFXで失敗しないために大切なポイント6つについて見ていきましょう。

1.デモトレードで練習をする

FXの失敗確率を下げるためにも、取引を始める前にデモトレードで練習しましょう。デモトレードとは、バーチャル通貨を使って無料でFXができるシステムで、利用するメリットには次のようなものがあります。

デモトレードの利点
  • 本番と同じ取引ツールが使える
  • チャート分析や注文方法の勉強ができる
  • バーチャル通貨を使うので実際のお金は1円も減らない(増えない)

各FX会社がそれぞれ提供しており、実際のパソコンツールやスマホアプリを使うことができます。ツールの使い勝手を確かめることができ、勉強した分析手法や注文方法を試すことも可能です。

実際のお金は1円も増減しないため、初心者の方でも安心して使えます。デモトレードの成績によって豪華景品がもらえるイベントを実施しているFX会社もあります。本番を始める前に十分に練習を行いましょう。

2.本やサイト、セミナー、ブログなどで勉強をする

FXで利益を稼ぐには、基礎知識やスキルの習得は必須です。

  • 各通貨の特徴
  • 注文方法の違い
  • ファンダメンタルズ分析の考え方
  • 利確や損切り方法

など、事前に押さえておきたい知識やスキルはたくさんあります。FX本やWebサイト、投資家やアナリストによるセミナーやブログなどを活用して、勉強するようにしましょう。

本は1,000〜2,000円程度はしますが、投資家やアナリストの知識やノウハウが凝縮されているため、多くの知識を得ることが可能です。Webサイトやブログ、セミナーは無料のものがたくさんあるため、コストをかけずに勉強することもできます。

「勉強なんて面倒……」と思うかもしれませんが、利益を稼ぐためには必要なものです。知識やノウハウが増えると、FXをより楽しめるようになります。

3.余裕資金&少額資金で始める

FXは生活資金を使わず、少ない投資資金で始めるのが基本です。

投資は損失を負う可能性があるので、生活資金を投じるのはリスクが高すぎます。また、まとまった資金を使う場合も同様です。大損してしまったら、簡単には立ち直れないでしょう。

余裕資金や少額資金であれば、損失を負ってもダメージは限定的にすることが可能でる日常生活への影響もほとんどなくすることも見込めます。他の投資にもいえることですが、投資には生活資金を使わず、最初は少ないお金から始めましょう。

4.高レバレッジでの取引は控える

FXは、証拠金の最大25倍の金額で取引ができる「レバレッジ」と呼ばれる仕組みがあります。

例えば、5万円の資金をもとに125万円の金額で取引することが可能です。同じ相場変動でも、5万円の取引に比べて25倍の利益を稼ぐことができます。ただし、相場が予想とは反対方向に動けば損失額も25倍です。

レバレッジ取引は資金効率を高められますが、リスクも高くなります。高レバレッジの取引はハイリスク・ハイリターンなので、初心者のうえちは控えましょう。

5.ボラティリティが大きい新興国通貨では取引しない

トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなどの新興国通貨は基本的に金利が高いため、スワップ狙いで長期保有するトレーダーは少なくありません。

しかし、新興国通貨は相場の変動幅が非常に大きいので、短期間のうちに多額の含み損を抱える可能性があります。新興国通貨は初心者にはリスクが高いので、米ドル/円などメジャーな通貨がおすすめです。

6.感情的にならないように取引ルールを決める

冷静さを失い感情的な取引になると良い結果は生まれません。感情的にならないように、事前に取引ルールを決めましょう。

ルールの例

  • ●pips(●銭)変動したら利確(損切り)する
  • 重要経済指標発表前にはポジションを持たない
  • 相場の逆張りはしない

など、自分なりの取引ルールを決めましょう。

ルールに則って取引をすれば、感情に左右されるリスクを軽減することを見込めます。ルールをブラッシュアップしていけば、精度の高いものへと変わってきます。

感情的な取引をして良いことはほとんどないため、感情が取引に影響を与えない仕組みを作りましょう

【簡単5ステップ】FXを始める方法

FXを始めるには、FX会社の選定や口座開設が必要です。そして、口座開設をするには審査を通過しなくてはなりません。

ここでは、FXを始めるための5つのステップ(FX会社決め〜取引)について見ていきましょう。

1.利用するFX会社の決定

外為どっとコムやSBI FXトレードなど、まずはFX会社を決めます。複数のFX会社を比較して、条件が良く自分に合うところを見つけましょう。

2.口座開設の申し込み

口座開設の申し込みは、以下の2ステップです。

申し込み2ステップ
  1. 申込フォームの入力
  2. 必要書類の提出

フォームの入力内容

主な入力内容は、以下のとおりです。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 投資経験
  • 投資目的
  • 金融資産
  • 口座情報 など

必要書類

必要書類の提出では、次の書類を用意します。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • マイナンバー確認書類(個人番号カード、通知カードなど)

書類の提出方法には、郵送やメール、Webなどがあります。

3.審査

申し込みをしたその日のうちに審査結果がわかるFX会社もあります。審査に落ちた場合は、口座を作ることはできません。

4.入金

口座に証拠金を入金します。事前に取引する通貨ペアや取引量を決め、すぐにロスカットにならないよう、証拠金維持率には注意してください。入金方法や対応する金融機関、手数料はFX会社によって異なります。

5.取引

相場分析を行い、事前に決めたルールをもとに取引を始めましょう。

まとめ

ここでは、初心者向けにFXの稼ぎ方や始め方、失敗しないために考えられるポイントなどを紹介しました。あらためてここで紹介した大切なポイント3点をまとめています。

  • FXは売買益とスワップで稼ぐことができ、24時間いつでも取引ができる
  • 失敗リスクを軽減するために事前に勉強をして少額資金で始める
  • 最短即日で取引を開始できるFX会社もあり、口座開設申し込みは手間ではない

FXを検討している方は、ここで紹介した内容やおすすめの口座を参考にしてみてください。早速、FX会社選びや口座開設を行ってみましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事