初心者向けおすすめのネット証券を比較!始め方や選び方も紹介

株式投資などを考えていて「初心者におすすめのネット証券はどこ?」「ネット証券の始め方や選び方は?」など疑問を持っている方は多いでしょう。

ネット証券の始め方や選び方を知っていれば、スムーズに進められますし、より有利な環境で取引が可能です。ここでは、ネット証券の始め方や選び方、初心者向けおすすめのネット証券について解説します。

初心者でも分かるネット証券の始め方・やり方

ネット証券で株式投資を始めるには、次の4ステップで進めます。難しい操作・手順はありませんので、初めての方でもスムーズです。4つのステップについて、1つずつ見ていきましょう。

ネット証券の始め方・やり方
  1. ネット証券を選ぶ
  2. 口座を開設する
  3. 入金する
  4. 株式購入

STEP1 ネット証券を選ぶ

多くのネット証券があるため、手数料や取引ツール、評判などを比較して利用するネット証券を選びましょう。ネット証券によって取り扱っている金融商品も異なります。

そのため、ネット証券選びでは自分の目的を明確にすることが大切です。投資したい金融商品や元手となる資金がハッキリ決まれば、ネット証券選びはグンとスムーズになります。

STEP 2 口座を開設する

ネット証券を選んだら、証券口座を開設します。インターネットで口座開設ができるため、パソコンやスマホで申し込み、必要情報の入力や書類の提出をします。

書類は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類とマイナンバー確認書類等が必要です。審査を通過すると、ログイン情報が記載された書面が郵送で届きます。

STEP 3 入金する

証券口座を開設したら、投資資金を入金します。パソコンやスマホから簡単に入金手続きができます。詳細な入金方法は各ネット証券のHPを確認しましょう。

STEP 4 株式購入

口座への入金が確認できたら株式を購入可能です。リアルタイムの株価で注文する成行注文や株価を指定して発注する指値注文などがあります。株式購入後は株価の変動により評価損益が表示されるようになります。

少額でも大丈夫!ネット証券初心者におすすめの投資は?

ネット証券初心者には、単元未満株や投資信託、NISAがおすすめです。これらの投資であれば、少額資金で始めることができ節税も可能です。それぞれの特徴について見ていきましょう。

初心者におすすめ3つの投資
  • 単元未満株
  • 投資信託
  • NISA

単元未満株

1単元(100株)未満で取引ができる単元未満株であれば、少額投資が可能です。

株式投資の単位は「単元(たんげん)」で「1株=100株」となりますが、単元未満株は1株や10株単位で投資ができます。以下は、主な銘柄を1単元株買う場合の必要資金になります。

銘柄別:1単元株購入に必要な資金

企業名 必要資金(株価×1単元)
トヨタ自動車㈱ 778,900円
イオン㈱
326,000円
㈱ビックカメラ
115,400円
㈱サイバーエージェント
696,000円
日本マクドナルドホールディングス㈱
509,000円
㈱セブン&アイ・ホールディングス
366,000円
ヤマトホールディングス
266,600円
花王㈱
786,300円

※株価は2020年12月25時点

このように、1単元であれば数十万円の必要資金となることは珍しくありません。銘柄によっては100万円を超えることもあります。

しかし、単元未満株であれば、1株や10株単位での購入となるため、上記のような銘柄も10分の1〜100分の1程度の資金で投資ができます。

単元未満株のメリット

  • 少額投資ができる
  • 損失を抑えられる
  • 分散投資しやすい

    単元未満株であれば、数百円程度の資金で投資をすることもできます。投資資金が少ないため、株価が下がった場合の損失も限定的です。また、一つひとつの投資が小口なので分散投資しやすいのがメリットです。

    単元未満株のデメリット

    • 大きな利益を得るのは難しい
    • 銘柄は限られる
    • 株価はリアルタイムではない

      少額投資なので、株価が上昇をしても得られる利益は少なめです。すべての銘柄を単元未満株として購入できるわけではないため、希望の銘柄がない可能性もあります。

      また、単元未満株の取引では翌日の株価が反映されることが多いため、リアルタイムの株価での取引はできず、チャンスを逃すこともあります。

      このようなメリット・デメリットはありますが、単元未満株であれば少額投資が可能。初心者も手軽に株式投資を始めることができます。

      投資信託

      投資信託も少額投資ができるため、初心者におすすめです。投資信託は投資家から集めたお金をプロ投資家(ファンドマネージャー)が株式や不動産、債券などに投資をして運用し、生まれた利益を投資家に還元する投資商品です。

      プロに運用を任せることができ、分散投資もできるため人気があります。また、多くの証券会社で100円程度の資金で投資信託を始めることが可能です。積立投資やポイント投資などもでき、多くの人が利用しています。

      投資信託のメリット

      • 少額資金で始められる
      • プロに任せられる
      • 分散投資でリスクを軽減できる
      • 海外株や海外不動産に投資しやすい

        投資信託は100円程度から投資ができるため、少ない手元資金でも始められます。銘柄選びや売買タイミングなどはすべて運用のプロに任せることが可能です。

        個人で投資がしにくい地域の株や不動産への投資もでき、分散投資でリスクを軽減できるのが投資信託のメリットです。

        投資信託のデメリット

        • 手数料がかかる
        • リアルタイムに売買できない

            投資信託は販売手数料、信託財産留保額、信託報酬(運用管理費用)の3つの手数料がかかります。販売手数料は買う時、信託財産留保額は解約する時、信託報酬は保有している間かかる手数料のことです。

            また、売買する際の基準価額は1日程度のタイムラグがあります。投資信託には、このようなメリット・デメリットがありますが、少額で始められるため多くの人が利用しています。

            NISA

            ネット証券初心者にはNISAもおすすめです。NISAは、少額投資非課税制度のことで、通常は株式等の投資で得た利益に対して20.315%かかる税金が非課税になる制度です。

            非課税投資枠は毎年新規投資額120万円で、最長5年間、2023年まで利用できます。NISAを活用することで、税負担を軽減でき、より多くのお金を手元に残せるようになります。

            初心者向けネット証券の選び方

            ネット証券を選ぶ際は「手数料は安いか」「評判は良いか」「投資に役立つ情報は多いか」などを複数のネット証券で比較して選ぶことが大切です。

            比較することで、より有利な条件のネット証券を選べるようになります。ここでは、初心者向けネット証券の選び方について、6つのポイントを見ていきましょう。

            ネット証券の選び方6つのポイント
            • 手数料は安いか
            • 投資商品は豊富か
            • 取引ツールは使いやすいか
            • 評判は良いか
            • 独自サービスは魅力的か
            • 投資に役立つ情報は多いか

            1.手数料は安いか

            ネット証券を選ぶ際は、手数料が安いか確認をしましょう。手数料は取引のたびに発生するため、手数料が安ければ手元に残せるお金は多くなります。

            手数料が安いネット証券と高いネット証券では、1回の取引では数十円の違いでも、年間を通して見れば数千円もの差になることがあります。

            ネット証券は従来の証券会社より手数料が安いのが特徴ですが、ネット証券同士を比べることで、より有利な手数料で取引が可能です。少しでも利益を増やすために、手数料が安いネット証券を選びましょう。

            2.投資商品は豊富か

            投資商品が豊富なネット証券がおすすめです。取り扱う投資商品が多ければ、1つの口座で様々な投資を楽しめ、幅を広げていけるからです。

            • 国内株式
            • 海外株式
            • 投資信託
            • 債券
            • REIT
            • ETF
            • FX
            • 先物・オプション

              など、どのような投資商品を取り扱うネット証券か確認をするようにしましょう。

              3.取引ツールは使いやすいか

              各ネット証券で独自の取引ツールを提供しており、使い勝手や特徴が異なります。パソコンツールやスマホアプリが使いやすいネット証券がおすすめです。

              取引ツールは情報収集や相場分析、株式売買などで頻繁に使用しますので、使い勝手が悪いと収益にも影響する可能性があります。また、使うたびにストレスを感じてしまうでしょう。

              ネット証券を選ぶ際は、取引ツールが使いやすいかどうかも確認するようにしてください。

              4.評判は良いか

              ネット証券を選ぶ際は、評判も確認しましょう。ホームページには良い情報しか載っていないからです。良い評判・悪い評判を見れば、利用者が感じる魅力や不満を知ることができます。

              評判を確認した上で、利用するネット証券を決めるようにしてください。

              5.独自サービスは魅力的か

              独自サービスを提供しているネット証券も多いため、サービスが魅力的か確認しましょう。例えば、楽天証券やLINE証券は、ポイントが貯まったり、ポイントを投資に使ったりすることができます。

              それぞれのネット証券で独自のサービスを提供しているため、自分にメリットが大きいかどうか確認してください。

              6.投資に役立つ情報は多いか

              投資に役立つ情報が多いかどうかも、ネット証券を選ぶ際のポイントです。

              各ネット証券で銘柄選びや相場分析、売買タイミングなどに役立つ情報を提供しています。また、初心者向けに株式投資の基礎知識に関する動画やセミナーを提供しているネット証券もあります。

              投資に役立つ情報が多ければ、精度の高い判断が可能です。また、多くの知識やノウハウを吸収できます。投資に役立つ情報は多いか確認をしましょう。

              初心者におすすめのネット証券7選

              SBI証券

              おすすめポイント
              1日の約定代金100万円まで手数料0円
              500万人以上が口座開設
              Tポイントが貯まる
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              0円〜 約2,600 約4,000 83(2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA

              (投資信託)

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              SBI証券は500万人以上が口座開設をしていて、ネット証券口座開設数No.1を誇ります。「現物 アクティブプラン」を選択すれば、1日の約定代金100万円までの手数料が0円です。

              IPOの取扱銘柄数は圧倒的な多さで、国内株式や投資信託の取引でTポイントを貯めることもできます。また、1ポイント=1円相当として投資信託の買付に使うことが可能です。

              四季報情報やリアルタイム株価、チャート、株主優待検索、アナリストレポートなど、豊富な投資情報を無料でチェックできます。高機能でありながら直感的な操作ができる取引ツールHYPER SBIも魅力的です。

              LINE証券

              おすすめポイント
              1株から購入できる
              LINEポイントを使える
              LINEを使って投資ができる
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              99円〜 30 - -
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA
              × ×

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              LINE証券は、LINEと野村ホールディングスによるネット証券で、2019年にサービスがスタートしました。1株から購入ができ、LINEポイントを1ポイント=1円相当として取引に使えます。

              LINE上で情報収集や相場確認、売買ができ、LINE Payで入金が可能です。株式以外に投資信託やETF、REITに対応しており、毎月1,000円から積立投資もできます。

              銘柄探しに役立つ情報や決算速報、アナリスト評価、ニュース、株主優待・配当情報も受け取れます。普段使い慣れたLINEを使って手軽に投資ができるネット証券です。

              楽天証券

              おすすめポイント
              楽天ポイントが貯まる&使える
              取引金額100万円まで手数料0円
              豊富な投資商品
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              0円〜 約2,700 約3,600 36
              (2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA
              ×

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              楽天グループの楽天証券では「超割コース」であれば取引手数料の1%〜2%のポイントを獲得でき、「いちにち定額コース」なら1日あたりの取引金額100万円まで手数料0円です

              楽天スーパーポイントを1ポイント=1円相当として使うこともできます。

              国内株式や海外株式、債券、投資信託、FX、先物・オプションなど様々な投資商品を取り扱います。投資に役立つ情報も充実しており「MARKETSPEED」や「iSPEED」などの取引ツールも好評です。

              岡三オンライン証券

              おすすめポイント
              1株から投資ができる
              取引金額100万円まで手数料0円
              取引ツールが豊富
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              0円〜 約550 - 43
              (2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA
              ×

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              岡三証券グループのネット証券である岡三オンライン証券は、取引金額100万円まで手数料が0円です。

              1株から株式投資ができ、プロも満足の「岡三ネットトレーダープレミアム」や「岡三ネットトレーダーWEB2」「岡三かんたん発注」「岡三RSS」など、高機能で使いやすい取引ツールが充実しています。

              岡三証券投資情報部門の投資情報や動画セミナーなども提供しており、多くの情報を無料で得ることが可能です。株式投資以外に、投資信託や先物・オプション、FXなどを取り扱います。

              マネックス証券

              おすすめポイント
              充実したオリジナルツール
              取り扱う資商品が豊富
              米国株の銘柄数は3,800超
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              100円〜 約1,100 3,800超 54
              (2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              マネックス証券は、国内株式や米国株式、中国株式、債券、投資信託、FX、仮想通貨、先物・オプションなど、多くの投資商品を取り扱います。

              開設口座数は188万、預かり残高は4.3兆円(2020年8月末時点)を誇ります。1株からの購入も可能で、投資信託を保有していれば、毎月ポイントが貯まります。

              日々更新されるオリジナルのマーケットレポートや銘柄スカウター、各種決算カレンダーなど、独自のツールを数多く提供しています。著名アナリストによるレポートなど、投資に役立つ情報も豊富です。

              松井証券

              おすすめポイント
              取引金額50万円まで手数料0円
              取引ツールが豊富
              投資に役立つ情報が充実
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              0円〜 1,100超 - 92
              (2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA

              (投資信託)

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              松井証券は、株式投資や投資信託、先物・オプション、FXなどを取り扱い、株式投資は1日の約定金額50万円以下なら手数料は0円です。

              情報・発注・約定画面が一体となった取引ツール「ネットストック・ハイスピード」、リアルタイムで株価情報を一覧できる「株価ボード」、見やすく使いやすいスマホアプリ「株touch」など、取引ツールが豊富です。

              充実したサポート体制により、初心者の方でも安心して取引ができます。クオカードやamazonギフト券がもらえるキャンペーンなども実施しており、投資信託の保有でポイントも貯まります。

              投資判断に役立つ最新ニュースやランキング、レポートなどを無料で提供しています。

              DMM.com証券

              おすすめポイント
              取引手数料の1%ポイントが貯まる
              取引ツールが豊富
              24時間体制のサポート
              株式
              手数料
              投資信託
              本数
              米国株
              銘柄数
              IPO実績
              50円〜 - 約900 5
              (2020年)
              単元
              未満株
              ポイント
              投資
              iDeCo NISA

              ※株式現物取引の最安プランを表記

              DMMグループのネット証券であるDMM.com証券では、取引手数料の1%のDMM株ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円相当として、取引に使うことが可能です。

              取引ツール「DMM株STANDARD」やスマホアプリ「かんたんモード」など、初心者も使いやすいシンプルなツールに加えて、高機能を搭載した「DMM株PRO+」「DMM株プレミアチャート」など、豊富なツールで取引をサポートします。

              株式以外にFXやCFDを取り扱います。メール・電話・LINEによる24時間体制のサポートにより、初心者でも安心です。

              まとめ

              ここでは、ネット証券の始め方や選び方、初心者向けおすすめのネット証券について解説しました。最後に、ここで紹介した大事なポイント3点をまとめています。

              • ネット証券は口座開設・入金をすればすぐに始められる
              • ネット証券は手数料や取引ツール、評判などを比較して選ぶ
              • ネット証券初心者には単元未満株や投資信託、NISAがおすすめ

                これから株式投資等を始める予定の方は、ここで紹介した内容・ネット証券を、ぜひ参考にしてみてください。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事