クレジットカードの作り方を紹介!必要なもの・作成ポイントは?

クレジットカードを初めて作る方の中には「作り方や必要なものが分からない」「未成年・学生・無職でも作成できるか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードの作り方を丁寧に解説します。カード作成に必要なものや、作成ポイントを紹介。未成年や学生、無職の方のクレジットカード作成方法もまとめています。

初めての方におすすめのクレジットカード3選も掲載していますので、ぜひカード作成の参考にしてみてください。

ネットで簡単!クレジットカードの作り方

最も一般的なクレジットカードの作り方は、ネット申し込みです。クレジットカードはネットから申し込む事で、誰でも簡単に作成できます。まずは、ネットを使ったクレジットカードの作り方を確認していきましょう。

STEP1:ネットで申し込む

発行したいクレジットカードの申し込みページにアクセスします。WEBサイトにある「申し込み」をタップしましょう。ネット申し込みは、基本的に24時間対応です。自分が好きなタイミングで気になるカードに申し込んでみてください。

STEP2:本人情報を入力する

申し込みフォームから本人情報を入力します。クレジットカード作成時に記入する本人情報は以下の通りです。

入力する本人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 職業
  • 住所
  • 年収 など

すべての項目を入力し終えたら、記入ミスがないか確認します。カード会社は入力した本人情報を元に、審査を行います。そのため、入力した情報に誤りがあると、クレジットカードを発行できない可能性があります。

また、嘘の情報を書く事もNGです。嘘の情報がバレると、カードの審査に通過しないだけでなく、今後同じカード会社の審査に通らない可能性もあります。正しい情報を漏れなく入力しましょう。

STEP3:審査結果連絡

カード発行には必ずカード会社による審査があります。審査なしのクレジットカードは一枚たりともありません。審査結果はメールで届くことが一般的です。審査に通過すれば、カードが発行されます。

STEP4:カード受け取り

クレジットカードは、申し込み本人に直接郵送されます。カードは、本人限定受取郵便で発送されるのが基本です。そのため、必ず本人が受け取る必要があります。代理での受け取りは基本的にできませんので、十分注意しましょう。

銀行や店舗で作りたい!クレジットカードの作り方

クレジットカードは銀行やカードセンターなど、実店舗での作成も可能です。ここでは、店頭でカードに申し込む方法を解説します。実店舗での作成を検討している方は、目を通してみてください。

STEP1:銀行や店頭窓口でクレジットカード作成を申し込む

まずは、銀行や店頭窓口でクレジットカードの申し込みを行いましょう。クレジットカード発行に対応している銀行や店舗では、その場で申し込みできることが大半です。

ただし、店舗によって営業時間が異なります。例えば、銀行で申し込む場合、受付時間は9:00〜15:00です。ネットと異なり時間に制約がありますので、必ず事前に確認してください。

(例)店頭申し込み可能なカード
カード 申し込み店舗 受付時間
みずほマイレージクラブカード みずほ銀行 9:00〜15:00
ビックカメラSuicaカード 対象のビックカメラ店頭 10:00〜20:00
エポスカード マルイ店頭 11:00〜20:00

また、店頭でカードを申し込む場合、本人確認書類や口座情報などを持参しなくてはなりません。必要な書類もカード会社によって異なりますので、忘れず用意しましょう。

STEP2:必要な情報を記入

申し込み用紙に必要な情報を記入します。記入する項目は、ネット申し込みの場合と変わりません。氏名や生年月日、年収・職業などです。記入した情報を元に審査が行われるため、空白がないように正しい情報を書きましょう。

STEP3:審査結果連絡

店頭申し込みでの審査時間は最短30分〜数週間程度です。審査時間は、申し込むカードによって大きく異なります。審査に要する時間はカード会社のHPから確認できることが一般的です。

事前に審査にかかる時間を把握しておくと、予定が立てやすく手続きがスムーズです。もし自分で調べても審査時間が分からない場合、カード会社に問い合わせてみても良いでしょう。

STEP4:カード受け取り

審査に通過すれば、カードが発行されます。店頭申し込みでの受け取り方法は「即日店頭受け取り」「後日郵送受け取り」の2パターンです。

店頭申し込みで注意することは「店頭申し込み=即日カードを受け取れる」訳ではないことです。店頭でカードの申し込みだけ行い、カードが届くまで数週間程度要することは往々にしてあり得ます。

店頭でカードを申し込む場合は「営業時間」「必要な書類」「カードの発行スピード」3点を確認しましょう。

クレジットカード作成に必要なもの一覧

クレジットカードの作成には、いくつか必要な書類があります。事前に必要なものを把握しておけば、よりスムーズにカードを作成できます。カード作成に必要なものは以下の通りです。

カード作成に必要なもの

  • 本人確認書類運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍謄本、保険証、在留カード、特別永住者証明書など
  • 金融機関の届け印
  • キャッシュカード・通帳など口座番号がわかるもの

クレジットカードの作成に必要なもので最も重要なのが、利用代金の引き落とし口座です。クレジットカードの利用代金は、指定の銀行口座から支払われます。

そもそも銀行口座が無ければ、カードを作成できません。もし銀行口座を持っていない方は、まず銀行口座の開設から始めましょう。

その他、本人確認書類として必要な書類はカード会社によって異なります。提出対象となる書類の種類はもとより、本人確認書類の有無や提出タイミングも発行するカードによってまちまちです。

ただし「口座情報」「金融機関の届け印」「本人確認書類」3つを用意しておけば、大半のクレジットカードは発行できます。上記3点を手元に用意しておけば、発行したいカードにスムーズに申し込めます。

クレジットカード作成3つのポイント

クレジットカードを作成する際には、ぜひ知っておきたい3つのポイントがあります。要点を抑えることで、円滑にカードを発行できます。クレジットカード作成の重要なポイントは以下3点です。

POINT1:自分に適したカードを選ぶ

クレジットカードには、ステータスがあります。ステータスによって申し込み基準や審査基準が異なるため、発行しやすさも変わってきます。

クレジットカードのステータスと申し込み条件
カード ステータス 申し込み条件
三井住友カードプラチナ プラチナ 30歳以上
三井住友カードゴールド ゴールド 30歳以上
三井住友カード 一般 18歳以上
三井住友カードデビュープラス 学生向け 18〜25歳

基本的な考え方として、ステータスが高くなるほど審査基準は厳しくなるのが一般的です。とくにゴールドカードやプラチナカードの発行には、一定の収入や社会的信用が必要となります。

例えば、パートやアルバイト、学生の方がゴールドカードを発行するのは非常に困難です。クレジットカードには必ず審査があり審査に通過しないことには、そもそもカードを発行できません。

より審査通過の確率を上げるためには、自分の属性にマッチしたカードを選ぶことが大切です。学生であれば学生向けカード、収入に自信がない方は一般カードに申し込むのがおすすめです。

POINT2:一度にたくさん申し込まない

クレジットカードの作成を検討している方の中には「たくさん申し込めば、どれか審査に通るだろう」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、短期間で複数のクレジットカードに申し込むことは、実は逆効果です。カード会社は審査の際、他のカードへの申し込み履歴を確認しています。

もし短期間に複数枚のカードに申し込んでいるとなると「お金に困っているのでは?」という印象を与えかねません。また、カードの所有枚数が多いほど、より高い返済能力が求められます。

そのため、カードを発行する際は、本当に作りたいカード数枚に申し込むのがおすすめです。作成したいカードが複数枚ある場合は、同時に申し込むのではなく、1つずつ審査を受けましょう。

POINT3:作成にかかる期間を確認しておく

クレジットカードの発行スピードは、カードの種類によって異なります。以下、人気カードの発行スピードを表にまとめています。

例、クレジットカードの作成期間(発行スピード)
カード名 作成期間(発行スピード)
JCB 一般カード 最短即日
三井住友カード 最短翌営業日
楽天カード 最短3営業日〜10日程度
オリコカード ザポイント 最短8営業日
ライフカード 最短3営業日

最短即日発行可能なカードもあれば、手元にカードが届くまで数週間以上かかるカードもあります。発行スピードを事前に確認しておけば、ベストなタイミングでカードを利用可能です。

ぜひ、申し込みからどのくらいの期間でカードが届くのかにも着目してみてください。

JCB一般カード (郵送で最短翌日にカードが届く)

おすすめポイント
WEB入会で年会費初年度無料
最短即日発行可能
最高3,000万円の国内・海外旅行保険付帯
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
1,375円 0.50% JCB 18歳以上

※初年度無料

未成年(学生・高校生)でもクレジットカードは作成できる?

カードの申し込みを考えている方の中には「まだ未成年だけどクレジットカードを作りたい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、未成年でもクレジットカードを作成できるか解説します。未成年でカード作成を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

高校生はクレジットカードを作れない

結論から述べると、高校生以下を除く未成年はクレジットカードを作成できます。クレジットカードが持てるのは、高校卒業以降です。

多くのクレジットカード会社は申し込み条件として「満18歳以上(高校生を除く)」を設定しています。そのため、たとえ本人に収入があっても、高校在学中にカードを作成することはできません。

未成年でも社会人・学生はクレジットカードが作れる

前述した通り、高校生を除く18歳以上であれば未成年でもカードが作れます。社会人はもちろん、学生(大学生・専門学生)でもカードは作成可能です。

ただし、未成年がカードを作る場合、親権者の同意が必要です。原則として、自分一人でカードを発行することはできません。

未成年のクレジットカード作成方法

ここでは、未成年のクレジットカード作成方法を紹介します。大まかな流れは、通常の手順と同じです。ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要不可欠です。同意の連絡方法などもまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

STEP1:申し込み

発行したいカードに申し込みます。カードの申し込みは、ネットで行うのが一般的です。自分が発行したいカードを選んだら、申し込みページにアクセスし必要な情報を入力します。入力する項目は、生年月日・氏名・収入・学校名などです。

STEP2:同意の確認

未成年の方の場合、親権者様にカード発行に対する同意確認のための電話がかかってきます。同意確認とは、未成年者がクレジットカードを発行することに問題が無いかどうか、親権者に確認することです。

もし親権者と連絡が取れなかったり、同意が得られていなかったりすると、審査が完了しません。未成年でカードに申し込む場合は、前もって親権者に相談。カード会社から電話がかかってくることを伝えておきましょう。

STEP3:審査

親権者の同意が得られると、最終審査が実行されます。カードの審査結果はメールで届くことが一般的です。審査に通過すれば、カードが発行されます。

STEP4:カード受け取り

自宅に送られてきたカードを受け取ります。カードの受け取りは本人が行いましょう。カードが届くまでの期間はカード会社によって異なりますが、約7日〜10日程度が一般的です。

学生のクレジットカード作成方法

学生でクレジットカードを作成する方法は、未成年と成人で異なります。20歳以上の学生の方は、通常のクレジットカード発行手順と同様に手続き可能です。親権者の同意も必要ありません。ネットから発行したいカードに申し込みましょう。

学生のカード作成方法(20歳以上)

  • STEP1:ネットで申し込み
  • STEP2:本人情報入力
  • STEP3:審査結果連絡
  • STEP4:カード受け取り

一方、学生でも未成年の場合、親権者の同意が必要です。カード作成する際は、事前に親権者に相談しましょう。親権者の同意が得られて、かつ審査に通ればカードを発行できます。

学生のカード作成方法(未成年)

  • STEP1:申し込み
  • STEP2:同意の確認
  • STEP3:審査
  • STEP4:カード受け取り

また、学生はクレジットカードを発行しやすい傾向にあります。アルバイトやパートをしていない無職の方でも、カードの発行が可能です。

在学期間中は比較的カードを発行しやすいタイミングですので、ぜひ気になるカードに申し込んでみてください。

学生でクレジットカードを作るなら学生カードがおすすめ

学生でクレジットカードを作るなら、学生カードがおすすめです。学生カードとは、大学や専門学校に在学している方を対象にしたカードのことです。

学生カードは一般カードに比べて、年会費や特典面で優遇されているケースが多いため、学生ならではの特権と言えます。また、一般的なカードより審査も通りやすいため、手軽に発行できるのもメリットです。

学生でクレジットカード作成を検討している方は、発行しやすく特典が優れた学生カードも視野に入れましょう。

三井住友カードデビュープラス (学生におすすめ)

おすすめポイント
いつでもポイント2倍
コンビニ・マクドナルドでポイント5倍
年会費実質無料
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
1,375円 1.00% VISA 18〜25歳

※初年度無料・年1回利用で翌年無料

学生専用ライフカード (学生におすすめ)

おすすめポイント
年会費永年無料
ポイントが入会1年間1.5倍・誕生月3倍
海外ショッピング3%キャッシュバック
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
永年無料 0.50% VISA/JCB/Mastercard 18〜25歳

クレジットカードは無職でも作れる?作り方は?

無職でもクレジットカードの作成は可能です。しかし、収入が無ければ返済能力も無いと判断されるため、基本的に審査通過は非常に困難です。カードを作れる可能性はゼロではないものの、限りなく厳しいと言えます。

無職の方がカード発行を目指す際、重視したいのが「どのカードに申し込むか」です。クレジットカードの審査基準は、カードの種類によって異なります。比較的審査が甘いカードに申し込めば、わずかでも審査通過の可能性は上がります。

無職でクレジットカードを作るならデポジット型がおすすめ

無職の方におすすめのクレジットカードは、デポジット型です。デポジット型クレジットカードとは、事前に保証金を預けて発行するカードのことです。

デポジット型クレジットカードでは、カード発行前に保証金を預けることで、預けた保証金と同額のショッピング枠が付与されます。

例えば、、、

10万円の保証金を預けてカードを発行すると、毎月10万円までカードを使ってショッピングできます。

デポジット型クレジットカードは、事前に保証金を預ける以外、通常のクレジットカードと大きな違いはありません。店頭での買い物・ECショッピング・公共料金の支払いなど、通常のクレジットカードとして利用できます。

デポジット型クレジットカードであれば、無職の方はもちろん、過去に延滞がある方でも審査通過の可能性が十分あります。無職でどうしえもカードを作成したい方は、デポジット型クレジットカードを検討してみてください。

ライフカードデポジット(無職の方におすすめ)

おすすめポイント
保証金5万円〜
通常どおりポイントが貯まる
海外・国内旅行傷害保険自動付帯
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
5,500円 0.50% Mastercard 20歳以上

 

SBS Premiun Card DP(無職の方におすすめ)

おすすめポイント
保証金10万円〜
国内旅行券30%OFF・海外Wi-Fi20%OFF
専門家相談サポートあり
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
15,000円 0.50% Mastercard 20歳以上

※ショッピング利用可能枠10万円の場合

初めての1枚はコレ!おすすめクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方の中には「どのカードを選べば良いか分からない」という方も多いでしょう。そこで、初めての1枚におすすめの人気クレジットカード3枚を紹介します。

今回紹介するカードは、どのカードもコスパ抜群。普段使いに適しており、かつ安心して使えるカードばかりです。最初の1枚にピッタリなのはもちろん、長く愛用することもできますので、カード選びに活用してみてください。

JCB CARD W

JCB CARD Wは、18〜39歳限定の年会費永年無料カードです。発行元はクレジットカード会社大手のJCB。JCBが発行するカードの中で最もポイント還元率が高く、いつどこでも通常のJCBカードの2倍ポイントが貯まります。

また、Starbucks・Amazon・出光昭和シェルなど、50店舗を超えるパートナー店でカードを使うと、ポイント還元率は最大10倍です。

さらに、JCB会員限定サイト「Oki Dokiランド」を経由して買い物すれば、最大20倍の還元が受けられます。普段使いで圧倒的にポイントを獲得できます。

紛失・盗難サポートをはじめ、セキュリティ体制は万全。世界で認められているJCBブランドだから、初めての方でも安心して使えます。

JCB CARD W

おすすめポイント
安心のJCBオリジナルシリーズ
ポイント還元率1.00%以上
優待店舗でポイント最大20倍
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
無料 1.00% JCB 18〜39歳

エポスカード 

エポスカードは、マルイグループ発行のクレジットカードです。入会金・年会費は永年無料。ネットで申し込み後、マルイ店舗にて最短当日のカード受け取りが可能です。

エポスカード には、約1万店舗の優待特典が付帯しています。居酒屋・カフェ・アミューズメントなどで、割引やポイントアップが受けられます。また、カードには海外旅行保険が自動付帯。お出かけにもピッタリな1枚です。

エポスカード

おすすめポイント
最短即日発行可能
海外旅行保険自動付帯
1万店舗を超える優待特典
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
無料 0.50% VISA 18歳以上

三井住友カード

三井住友カードは、WEB申し込みで年会費初年度無料のクレジットカードです。カードはApple Pay・Google Payに対応。VISAタッチ決済にも対応しており、スマートなキャッシュレスライフを実現します。

また、ポイントが貯まりやすいことも三井住友カードの魅力です。最大3店舗まで選択でき、選んだ店舗で常にポイント2倍。マクドナルド・セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートで使えば5倍のポイントが貯まります。

三井住友カード

おすすめポイント
WEB申し込みで年会費初年度無料
最短翌営業日発行
最大100万円のショッピング保険付帯
年会費 基本還元率 ブランド 申し込み条件
1,375円 0.50% VISA 18歳以上

※初年度無料

まとめ

ここまで、クレジットカードの作り方をまとめてきました。クレジットカードは18歳以上の方であれば、ネットから誰でも作成できます。

発行手順や必要なものを事前に確認して、スムーズな発行を心がけましょう。また、この記事では初めてクレジットカードを作る方におすすめのカード3選も紹介しました。どのカードも安心して普段使いできる1枚です。

ぜひ今回の内容を参考に、クレジットカードを作ってみてください。

関連

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事